債務整理

あなたは利息を払いすぎていませんか?

 

任意整理とは?

任意整理とは、見ての通り「任意」に借金を「整理」する手続きのことをいいます。「任意に」とは裁判所を通さずに、という意味です。一般的に債務整理とも言われています。この任意整理は、裁判所を通さずに和解を成立させる方法です。 和解の内容は、利息制限法に基づいた利息をもって計算した額を債務とすることや今後の支払額の減免、場合によっては借金返済を支払いすぎていることもあるので、過払いになっているならばその分を返済してもらうようにします。

任意整理のメリット

@専門家が債権者に受任通知を出してくれるので、取立て等がストップされます。
A専門家が交渉を行うのでスムーズに決着します。分からないことや不安なことは相談出来ますので、精神的にも安心です。
B専門家の交渉力次第によっては、利息の減額・カットのほか、債務額がある程度減額される可能性もあります。

任意整理のデメリット

@裁判所は介入しませんので、交渉の流れ全てを専門家が行うことになります。専門家にも得意・不得意分野がありますので、任意整理に実績のある
 専門家を探す必要があります。
A全て専門家が行ってくれますので、それなりに費用もかかります。
B法的拘束力がある手続きではありません。そのため、強硬な債権者がいるとなかなか話がまとまらないこともあります。

任意整理の流れ

【1】弁護士・司法書士に依頼
弁護士や司法書士などの専門家に依頼します。

【2】介入通知の発送
金融業者などの債権者に、正式に債務整理業務を受けた事を通知します。介入通知の発送後に、直接債権者から本人へ取立てを行う事は法律で禁止されているため、この時点から、自宅や勤務先を問わず本人への取立てはストップします。

【3】債権の調査
各債権者に対し、現在までの取引履歴を全て開示するように請求します。中には取引開示を拒む債権者もあります。しかし、そのような場合は訴訟により開示を請求します。

【4】債権の確定
取引履歴から、利息制限法に基づく再計算を行っていきます。取引期間が長期の場合は、すでに借金がなくなっていたり、さらに過払い金がある場合は取り戻せる可能性がでてきます。

【5】和解案の作成
再計算によって出された債権額を元に、毎月の返済額と返済期間を相談の上決定します。

【6】和解案を各債権者と交渉
上で決定した、返済案を各債権者に提示し、今後の支払が無理なくできるように交渉します。

【7】合意・和解契約の締結
双方合意し和解するため、交渉を何度でも行います。

【8】返済開始
和解契約により、新たな返済がスタートします。ほとんどの場合、将来利息がつくことはありません。この場合、借りた分はきちんと返済する、という本人の意思が大切です。

recommend

最終更新日:2017/1/13

Copyright(c)2008. 債務整理 『払いすぎドットコム』. All rights reserved.