債務整理

あなたは利息を払いすぎていませんか?

 

債務整理のメリット・デメリット

弁護士に債務整理を依頼するメリットとは何なのでしょうか?ここでは、債務整理を行うメリットについてご紹介します。

1.取立てのストップ
依頼を受けた弁護士はすぐに「弁護士が債務整理を受任したことの通知」を債権者宛に送付します。するとそれ以降、取り立てはストップします。各債権者が本人に直接連絡をとることができなくなる為です。つまり、債権者からの督促の電話を気にする必要がなくなる上に、翌月の返済に頭を悩ませる必要もなくなります。取り立てに頭を悩ませ、不安な日々から平穏な生活を取り戻すことができるわけです。

2.自己破産で借金の帳消し
債務整理のひとつに自己破産という方法があります。申し立てることでこれまでの借金をすべて帳消しすることができます。これを免責といいます。借金の額がいくらであってもすべて帳消しになります。つまり、人生の再スタートを図ることができるのです。ただし、一度免責されてから以後7年間は、再度の免責ができませんので、くれぐれもまた借金を重ねることのないように注意しなければいけません。

3.借金の減額
弁護士は、依頼を受けるとこれまでの取引経過を各債権者に提出するよう指示します。サラ金などの金融業者の多くは、法律上の制限を超過した利率で貸付を行っているところがほとんどです。そのため、弁護士は正しい利率に引き直しを行い、正しい債務の額を算出するのです。すると、多くの場合借金は減額されることになります。サラ金との取引期間が長ければ長いほど、借金は減額されるでしょう。

4.過払い金で返金
引き直し計算の結果、借金が減額されるどころか、逆に払いすぎの場合があります。このことを「過払い金」といいます。その場合、弁護士は債権者に対し、過払い金請求を行います。サラ金との取引期間が7年を超えるような場合には、この過払い金が発生するケースがほとんどです。

5.任意整理で利息免除
任意整理をする場合、弁護士は引き直し計算を行って確定した正しい債務額を、約3年程度で分割弁済する和解を各債権者との間で取り付けします。この時、将来発生する利息は一切つきませんので、毎月返済した分だけ確実に元本を減らしていくことが出来ます。

6.任意整理で無理のない返済
任意整理の分割弁済の金額は、収入に応じた無理のない金額で設定します。原則として、3年間ですべての借金を返済することになります。しかし、5年間での分割弁済が可能な場合もあるので相談しましょう。なお、このようなペースでの返済が困難な場合には、原則として任意整理は行いません。代わりに、自己破産や個人再生など、他の方法で債務整理を行うことをおススメします。

7.個人再生で債務整理
持ち家がある為に自己破産ができないような場合には、個人再生を申し立てます。この債務整理の方法は、持ち家を残しながら借金の5分の1を3年間で支払う方法です。持ち家の住宅ローンが残っている場合でも、個人再生は可能です。ただし、借金の5分の1と言っても、最低100万円までという限度があります。1500万円〜3000万円の場合は300万円、3000万円〜5000万円は10分の1となります。

債務整理のデメリット

債務整理を行うとブラックリストに載ることは避けられません。7年程度の間はカードの利用やローンの借り入れをすることができなくなりますので、ご注意下さい。

check

2018/5/8 更新

Copyright(c)2008. 債務整理 『払いすぎドットコム』. All rights reserved.